原因とは何か

物事は原因があって結果がある、という因果関係で成り立っています。

 

ところで、原因って何でしょうか。

テスト週間テレビばかり見て勉強をしなかった→テストの順位が悪かった

という場合、勉強をしなかったことが原因でテストが悪かったという判断になるんだと思いますが、果たしてそうでしょうか。そう言い切っていいんでしょうか。

 

私は高校のころ、この「原因とは何ぞや」という問いにぶち当たったことがありました。ある日学校に遅刻したのですが、その原因を先生を尋ねられて言葉に詰まったことがあるのです。

遅刻の原因は何だったのか、ホームページをご覧になっている方にも考えていただきたいので、高校生だったころの私のある日の朝の話をしたいと思います。

 

 

ある朝、私は早く起き、始業時刻の1時間30分前には家をでました。学校で勉強するつもりでした。

自転車をこいでいると、「あ、そうだ。せっかく固まった時間が作れたのだから、今自分が直面している問題についてじっくり考えよう」と思い、行き先を変更して自分の出身小学校にいくことにしました。そのときはブランコに揺られながら考え事をしたかったのです。

思う存分ブランコに揺られて、始業時刻の30分前に、「そろそろ高校にいこうかな。自分は自転車をこぐのが遅いから、余裕をもった方がいい」と小学校をでました。

高校に向かったのですが、自分が想像していたよりこぐのが遅く、時計をみて「あ、このままだと遅刻してしまうかもしれない」と思いました。でも、そのままのペースでこぎ続けました。

そしたら、2、3分ほど遅刻しました。

 

これが私の高校のある朝の話です。

遅刻していくと、学校の先生に「遅刻した理由を紙に書きなさい」と言われて、全然かけませんでした。自分でも遅刻の原因がわからないのです。わからないから、「今日の遅刻は必然だった。遅れるべくして遅れた。原因はありません」と書いたら、ふざけるなと怒られてしまいましたが、ふざけているのではなく本当にわからなかったのです。

 

私の遅刻の原因は何でしょうか。

・自転車のスピードが遅かったから?

・遅刻するかもしれないのに急ごうと思わなかったから?

・小学校を出るのが10分遅かったから?

・小学校にいったから?

・家を出るのが遅かったから?

・朝起きるのが遅かったから?

 

あなたが私だったら、戸惑わずに遅刻の理由を答えられるでしょうか・・・。遅刻の原因とされるのは、寝坊、体調不良、病院いってた、などこのあたりだと思うのですが、これらに該当しないから、答えに窮してしまいました。

 

 

ところで、バタフライ効果という言葉があります。

これは、日本のある一匹の蝶がひらりと羽を羽ばたかせると、その羽ばたきが風を生み大気を動かし、いろいろなものに影響を与え、それが巡り巡ってアメリカで大きな竜巻を引き起こす、というような意味です。

 

バタフライ効果を考えてみても、原因とは、数千、数万の様々な要素がおりなしてできているもので、どんなに理を詰めても、顕微鏡で見てみても、「原因」は見つけられるものではなく、人の大多数が「原因」として納得できるものを「原因」として結論付けているだけかもしれません。

 

ですから、テストが悪かった時に、その原因としやすいのが、「勉強不足」ですが、そこで思考を止めるのではなく、なんで勉強不足だったのか、をもっと多面的に原因を考えると何か解決策がみえてくるかもしれません。

睡眠不足だから?テレビの見すぎ?なんでテレビをみるの?家が居心地悪いのか?栄養バランスが悪いの?家具の位置が風水的によくない?(笑)・・・などなどいろいろ考えてみるのはいかがでしょうか。