中学1年生向け 夏期講習(英語特訓)をやります。


友だち追加

こちらから塾の公式ラインに登録していただけます。

塾での様子が気になる場合は、こちらからお気軽にお尋ねください。

欠席の連絡もこちらから可能です。

体験授業の希望される方もこちらから連絡可能です。


 

From:眞田

 

中学1年生向けの夏期講習をやろうと思います。

内容は1学期の英語の復習。1学期に学校の英語の授業を受けて全然わからないと危機感を持った子に向けての講座です。

 

ふとこの企画をやろうと思い、その勢いで書いています。他の先生には伝えていないので、後で報告します。私が勝手に決めたので、授業も私が担当します。

外部向けの夏期講習なんて何年ぶりだろうか。ここのところは外部生向けの夏期講習どころか、塾生向けの夏期講習もやらなくなっていたので、少し新鮮な気分です。

 

私がこの夏期講習で伝えたいことは、反復の大切さです。

難しい、無理だ、と思える大半のことは、反復練習でできるようになっていきます。

できるようになっていくのだけれど、人間は短期的な思考をしがちで、すぐに結果を求めてしまい、成果が出るまで練習を継続することができません。

 

でも、コーチがそばについていて勉強する環境にあるならば、反復練習はしやすいです。

わからないことは教えてもらえばいい。教えてもらってもいざ自分ひとりでやろうとすると頭が混乱してできなくなったりします。そしたら、再度教えてもらったらいい。

再度教えてもらっても、やっぱりできない、となるかもしれません。そしたら、また教えてもらいます。

この問題はできるようになったけど、問題が変わるとできなくなるかもしれません。そしたら、また教えてもらいます。

できないことを教えてもらった場合、その次は、またできない可能性の方が高いのです。できないことを教えてもらったらできるようになるのではなく、教えてもらってもまたできないのが普通です。

でも、できない→教えてもらう→できない→教えてもらう を繰り返していたらそのうちできるようになる。それでいいじゃないですか。

 

頭でわかるのと、実際に問題が解けるかどうかは違います。問題が解けなければ、テストでいい点は取れませんので、問題が解けるようになるまで、繰り返し繰り返し反復練習を重ねていくのです。

この作業を一緒にやっていきましょう。私がサポートします。

親は自分の子の点数が悪いと、勉強しなさい、というのだけれど、「できない」「わからない」というのは非常にストレスであり、勉強に向かうことは簡単ではありません。また、反復練習するにも、家には教材は十分にないことが多いので、練習を重ねることが難しかったりします。だから、一緒にやります。

何がわからないか、わからない。そんな状態から少しずつ頭の中が整理されてきて、「できる!もうわかった!」と自分で認識できるレベルまで引き上げたいと思います。

2学期からは英語が得意になりたい、そういう子をお待ちしています。問い合わせフォーム、もしくは電話でご連絡ください。

 

※文法の授業をしていきたいと考えていますので、英単語が全くわからない子には向きません(1学期期末テストで30点未満)。

※塾に行けば英語ができるようにしてもらえるという他力本願な考えの子はお断りします。

※子供はやる気がないのに、親が無理やり講座に参加させることはしないでください。

※この夏期講習は外部生向けです。塾生は対象としていません。塾生は通常授業で1学期の復習をしていきます。

 

 

■中学1年生向け 夏期講習の詳細

 

・科目

英語

 

・日時

以下の曜日のうちから5日間

時間は 14:00 ~ 16:00

※予定は変更になることがあります。

 

7月

22 23 24

26 28

 

8月

2 4 5

9 11

24 26

 

・料金

8,000円(税込み)