優しい野球


友だち追加

こちらから塾の公式ラインに登録していただけます(2019年10月に新しいアカウントに移行しました)。

塾での様子が気になる場合は、こちらからお気軽にお尋ねください。

欠席の連絡もこちらから可能です。

体験授業の希望される方もこちらから連絡していただけます。


 

From:眞田

 

私は昔から野球というスポーツは好きでしたが、スポ少や部活の野球は好きではありませんでした。理由は大人が常に怒鳴っていて、子供は、はい!とそれに従うイメージがあったからです。それに、試合になったら、全部監督からサインが出されて、打ちたいのにバントしなきゃいけないなんてやってらんねーぜ、と思って、スポ少や野球部には一切所属していませんでした。そのかわりに、毎週日曜日は友達と野球をしていました。

だから、息子がスポ少の野球をやりたいと言ったときには、そこそこの抵抗があったのですが、実際にやってみると、思っていたよりもずっと穏やかです。

 

他のチームとの練習試合も多いので、他のチームの様子も伺っていますが、他のチームも同じような感じです。たらたら歩いている子がいて、「こりゃ、怒号が飛ぶぞ」と思ってもそうなりません。「さあ、みんな、ここはかけ足しよう!」と笑顔で声かけです。優しい(笑)。特に低学年の子なんか、やる気はないし、態度も悪いけど、指導者は苦笑いで付き合います。声を荒げることはありません。強く言ったらやめてしまうのでしょうね。今や女の子も多いですし。野球人口が激減していて、チームを組むのにも苦労している現実がありますから、親が半ば無理やりにやらせているのでしょう。

 

そうは言っても、怒鳴り声が聞こえることもあって、別に怒鳴ることがダメだとは思わないですが、

 

「一度言われたことはできるようにしろ!!」

「同じことを何度も言わせんな!めんどくせーんだよ!!」

 

なんて聞こえると、「この人は一度した失敗は繰り返さない人なのか。それなら、勉強も一度間違えた問題は二度と間違えないのだろうから、かなりレベルの高い大学を出ているのだろうな。」「ミスを繰り返さないなら、仕事でも凄まじい成果を出しているのだろう。超敏腕経営者か、高給取りのスーパーエリートサラリーマンに違いない。車なんかも高級外車に乗っているだろうから、後でどんな車か見てみよう」なんて私は思います(皮肉)。

 

大人が怒るときは迫力があるから、ついつい自分が悪かったと思いがちですが、そうでもないことも多いので、内容検討したほうがいいと思いますよ。

同じミスを繰り返さないというのは普通のことではないから、もし本当に自分が実践できていて、それを子供たちに求めている人であったら、「普通ではない、すごい感じ」がその人から漏れ出ているはずです。そうではなくて、そこら辺にいる普通の人っぽいのであれば、立場の弱い子供の前で偉そうにしている人なので、聞き流すのがいいのではないでしょうか。

こういった検討する癖をつけると、真実を見る目が養われていき、いまいちなアドバイスに惑わされなくなります。

 

 

私は教える仕事をしているから、他人の指導している様子はどうしても意識して見てしまいます。これは参考にしよう、これは反面教師にしよう、そんな視点で見てしまいます。

今日、生徒のテストを採点していて、3点の答案がありました。空欄だらけでテストからはやる気は感じないし、ついこの間教えたやり方は一切無視しててきとうにやっているし、精神レベルが低すぎるのを感じるし、久しぶりにこんなひどい答案に出会ったなあと思って、怒りのコメントを答案に書いて返却してやろうかと思いましたが、やめました。

その子は私が教えたやり方でやろうと思ったけど、やり方が分からなくなってしまったのかもしれない、もう一度最初から教えようと思い直しました。