役回り


友だち追加

こちらから塾の公式ラインに登録していただけます(2019年10月に新しいアカウントに移行しました)。

塾での様子が気になる場合は、こちらからお気軽にお尋ねください。

欠席の連絡もこちらから可能です。

体験授業の希望される方もこちらから連絡していただけます。


 

From : 眞田

 

私は、子供が通う小学校のお父さんお母さんとのつながりがほとんどなくて、私の携帯番号を知っている人もいないから、PTAなどの役も回ってこないのではないかなあと思っていましたが、2年前に子ども会の役員をやることになり、そのつながりからPTAを今年やることになりました。

地区の子ども会はとっくに終わったのに、昨年は田原市の子ども会の副会長だったらしいです。今年は別の役職がつくらしいです。「らしい」というのは会議やイベントなどほとんど参加していないのでよくわからないのです。私は「ほとんど出られないですがそれでも大丈夫ですか?」とお尋ねして、それで構わないと言われたら、素直に受けます。で、あらかじめ言っていた通りにほとんど参加できません。少し申し訳ない気持ちもあります。

 

そして、今年は息子の所属するスポーツ少年団の副会長もやることになりました。そのことをみんなに発表したとき、後から団員の男の子がやってきてこう言いました。

「まさか眞田さんが副会長やるなんてビックリしました!」

私はすぐに、彼の言わんとすることがわかりました。

 

「眞田はスポ少にきてもお父さんたちの輪に加わらず、いつもぽつんと1人で離れたところにいる。練習にもあまり参加しない。試合でもみんなと一緒になって応援せず、どっか離れたところにいて、小さい子たちとままごとしたり、遊具で遊んでいる。こんなやる気のないダメなやつが副会長になるなんて!!」

彼の気持ちはこんなところでしょう。だから私は言ってあげました。

 

「あのね、副会長は立派な人がなるわけではなくて、ただの役回りなんだよ。今年で息子はスポ少を卒業することになるから、今年しかスポ少の仕事をする機会がないでしょ?だから眞田さんが副会長の仕事をやることになったんだよ」

 

そしたら、

「なるほど!そういうことですか!納得しました!!」

と彼は去っていきました。

 

納得しただと??このオレは納得いかんなあ!!