美は力


友だち追加

こちらから塾の公式ラインに登録していただけます(2019年10月に新しいアカウントに移行しました)。

塾での様子が気になる場合は、こちらからお気軽にお尋ねください。

欠席の連絡もこちらから可能です。

体験授業の希望される方もこちらから連絡していただけます。


 

From:眞田

先月、お城に行ってきました。どこでしょうか。

 

 

兵庫県の姫路城です。別名、白鷺城と呼ばれていて、世界遺産に登録されています。高校入試でも要注意なお城です。

姫路の城下町を見下ろす姫路城の姿は圧巻ですが、城の内部に入ると、当たり前ですが、だいぶ手が加えられていますし、歴史的な資料はほとんど展示されておらず、興奮は覚めてしまいました。

でもこのお城は立派です。これだけで十分外国人観光客を呼べると思いました。

 

 

この庭園は、姫路城の隣の好古園です。

美しく整備されていました。

 

庭園を管理されている方と少しお話をしたのですが、松の葉を1つ1つ(1枚1枚?1本1本?)見て、剪定しているとおっしゃっていました。

 

美しさを保とうと思ったら、手を加えなければなりません。放置して光り輝くことはありません。汚れて、朽ちていく一方です。フローリングも1日経てばホコリが溜まるし、車も磨いても1日経てば黄砂のようなものがついて、1週間洗車しないとだいぶ汚くなってしまいます。頭も身体も手入れしなければどんどん衰えていくだけ。でも手を加えようとするとそこにはエネルギーが必要ですから、私を含めて多くの人が、美を保つことができないのです。

面倒臭い、疲れる、後からやろう、悪魔のささやきに屈して、日々が闇に侵食されていきます。自分の人生に光を入れて、闇の力を排除していかなくてはなりません。大切な毎日を美しく、楽しく生きなければなりません。

 

この庭園がそこまで高いレベルで管理、整備されているとは思わなかったですが、こういう綺麗なところに来ると自分のダメさを認識できていいです。

 

 

この塾の生徒に髪がとても綺麗な子がいて、ずっと気になっていたので話を聞いてみました。そしたら、やはり髪の手入れには気を使っているらしく、今日はこれをやる、明日はこれをやる、みたいにルーティンとして決まっているようです。毎日時間を使って髪の手入れをしていました。さらにカットするときは東京の表参道の美容院にいっているようです。かなりのこだわり。

こういうの、私は好きですね。そこまでやってなんになるの?、やりすぎ、たいして変わらないよ、そんなことどうでもいいじゃん、と人から言われたりしますが、全然どうでも良くないですね。自分の価値観を大切にしていって欲しいと思います。

で、その子はたまに学校をサボるのですが、サボったときはわかります。なぜなら身なりに手を抜いているからです。この塾は身なりに手を抜いていい場所だと思われている。「下」の場所だと思われている。「これから塾に行くから、メイクをばっちりしなきゃ!」と思われる場にならなければいけないと思ったのでした(←なれないよ)。