入塾基準

リーディングエッジでは入塾試験というものはありません。

そもそも塾というものは勉強が苦手な人のためのものですし、勉強が苦手だった子が、成績上位の子を追い抜く、これこそに醍醐味があるからです。

入塾試験という学力だけをためすものはありませんが、しかし、体験授業のなかで、入塾の可否を判断させて頂きます。

ここではその大まかな判断基準を提示させていただきます。

 

やる気があること

当塾は成績を上げる気がない、勉強する気がない子に対して、やる気を出すようなアプローチはしません。(そもそも勉強はしたい人だけがやればいいと考えています。)

したがって、今の状況に危機感を抱いていて自分を変えたいと思っている子にのみ入塾していただきたいという方針です。

なかには、お子さんがまだやる気になっていないものの、当塾の魅力に気付き「この塾に入れさせたい」とお考えになっている保護者さまがいらっしゃいます。当塾としてはそういった保護者さまとお付き合いさせていただきたいですが、お子さんがやる気になっていない以上、入塾は「時期ではない」という判断になります。もう少し本人の意識が変わるまでお待ちいただけたらと思います。

 

この塾に合うかどうか

リーディングエッジは、厳しいピリピリした雰囲気はありません。

テストが全くできなくて怒られるということもありませんし、全問正解するまで帰られない、といったものもありません。

生徒が好きな時間にやってきて、時間になればおのおの帰っていく。見方によってはゆるいかもしれません。

 

ただし、だらしないのは好きではありません。雰囲気はゆるくあってもいいのですが、平気で授業を休んだり、私語でうるさくなるというのは認めることはできません。塾の雰囲気、学習環境を保つということはこの塾の優先順位で第一番目に置かれるものです。

・簡単に欠席をしない(理由がある場合は大丈夫です。その旨ご連絡ください。)

・塾の雰囲気を乱さない

これを守れることが条件となります。

 

もし万が一、入塾後にこれらを守れないことがあるようなら、退塾してもらいます。なお退塾はすべて教室長の一存でおこなわれます。

 

当塾がお客様に何らかの価値を提供できること

当塾は残念ながら誰にとっても最適な塾、とはいえません。合う子もいれば、合わない子もいます。毎月の授業料も決して安いものではありませんので、来ていただく方すべてに入塾してもらうことは逆に不誠実でもあると考えています。

当塾なりに体験授業等でお子様の適性を見極めつつ、当塾がお子様にとって最適な塾ではないと判断した場合は、他塾さんをおすすめすることがあります。

 

 

素直であること

この塾の入塾基準は「この塾が生徒に価値を提供できるかどうか」が一番の判断基準になります。これまで入塾をお断りさせていただいた方がいますが、その中には学力レベルが高い子もいます。

当塾では勉強を教えるだけでなく、勉強習慣の変革も一体として指導していきますので、勉強方法等を大幅に変更してもらうこともあります。ですから、こちらのその指導に素直に耳を傾けることができる子でないと、この塾を効果的に利用することは難しいと考えます。