人間関係を築こうと思って失望した話


体験授業を希望される方は以下のバナーをクリックしてください。


 

新しいブログをつくりました。

 

※注意

今回のブログは他者を攻撃する悪口が多いです。他者を否定する汚い言葉が嫌いな方は読まないことをお勧めします。

一応、生徒に読んでもらって、これくらいの内容なら面白く読める許容範囲内ではないかとアドバイスをもらえましたので、公開しています。

 

 

From:眞田

「勉強以外を頑張れ」 に書きましたが、父母会のような組織との関わりを自ら絶ってしまった私は、部活で保護者と関わろうと考えました。

 

そのためには、試合等に顔を出し、お手伝いできることがあったら手伝い、積極的に部活に関わることによって保護者と仲良くなろうとしました。

 

さっそく、交流戦(?)があったので、アイシング用の氷を用意し、観戦にいってきました。

 

 

息子が「野球部は練習がゆるくて、入るかどうか迷っている。どうせやるなら真剣にやりたいんだよなあ」なんて言っていたから、中学のときに所属していたクラブの方が強いくらいかと思っていました。

でも、実際にプレーを見てみると、強豪野球部には及ばないのかもしれませんが、とても上手。息子の1万倍上手です。1試合目なんてめちゃくちゃ打ってすぐコールド勝ちしてたし、表情も真剣だし、一生懸命みんな部活を頑張っているんだなあと感じました。

 

当たり前ですが高校は中学よりプレーが上手ですし、見ていて楽しかったのですが、残念なことというか腹立たしいことがありました。

自チームの一部の保護者が選手のミスについて励ますどころか、ケチをつけていたのです。

 

何でそこ投げるの

ちゃんととってよ

遅いって

あ~あ

なんで〇〇くんがキャッチャーじゃないの?〇〇くんがいいのに ←これが一番腹立つ。

 

ずっとこんなこと言っている。

小学校、中学校でも野球観戦していて、こんなこといっているやつは初めてです。

 

もちろん、試合観戦している保護者は誰もが、ミスがあったら残念な気持ちにはなると思いますが、それを口にすることはありません。そんなの当たり前じゃないですか。「あ~あ」と思ったとしても声に出すとしたら「ドンマイ!」「次、頑張ろう!」でしょう。

 

さすがに私は耐え切れなくなって

「さっきから何なのですか。選手を否定する発言ばっかりで。ここにミスした子の親がいることを考えないのですか。

選手は毎日練習して、今一生懸命試合をしているんですよ。それに引き換えお前は、ぶよぶよたるんだ身体しやがって。日々だらしない生活をしている表れだ。豚がぶーぶーうるせえよ。選手を否定するなら人間の身体になってからにしろ。このぶよぶよ豚女が!!」

と言ってやりました(心の中で)。

 

それにもかかわらず、まだぐちぐち言うのですよ

「相手の〇〇高校ってあまり聞かないわねえ。野球強いの?偏差値はどうなのかしら。偏差値はあまり高くないのねえ」

 

また私はブチ切れて、

「さっきからごちゃごちゃうるせーぞ!中性脂肪ぶよぶよ豚女!〇〇高校はプロ野球選手を何人も輩出している強豪だ!プレーを見ていても、うちと全然レベルが違うのがわからんのか!こういった交流戦だから戦えているのであって、普段の練習試合なんかうちとは組んでもらえねえよ!

口だけ達者で、だらしない、いいかげんな日々を送っているお前と違って、プロ野球選手になろうと一生懸命頑張っている子たちばかりなんだよ!礼儀はしっかりしているし、すれ違うたびに気持ちのよい挨拶をしてくれて、部員数が少なくてノックもままならないこっちのために練習に入ってくれるし、グランド整備も全部やってくれる。おまえなんかより断然気持ちがいいわ!野球偏差値はうちのぼろ負けだということを忘れんじゃねーぞ、この高血圧中性脂肪ぶよぶよ豚女が!」

とぶちかましてやりました(心の中で)。

 

しかし、高脂血症高血圧中性脂肪ぶよぶよ豚女は人間様の言葉が分からないようで、まだぶーぶー続けるから、私は豚語が聞こえない席に移ることにしました。

 

その歯槽膿漏高脂血症高血圧中性脂肪ぶよぶよ豚女たち以外の保護者は不自然なくらいジーンとしていましたので、もしかしたら私と同じことを思って黙っていたのかもしれません。

うちの野球部員は、西は九州、東は関東出身なので、保護者が一同に介することはありません。そういう環境だから試合観戦も一部の保護者が来たいときに応援に来る感じで、保護者は応援にこなければならない、といったような圧力も一切ないです。だって来られない人は来られないから。

保護者のお手伝いがあるわけでもなく、LINEだけでのゆるーい繋がりです。たぶんお互いをそれほど知っているわけでもない。だから、よくわからん豚女(だんだん悪口が長くなって面倒になってきました)がぶーぶー言っているのを、黙って聞いているしかなかったのかなと思います。

 

 

帰り際、歯肉炎歯槽膿漏高脂血症高血圧中性脂肪ぶよぶよ豚女の夫が「1年生の保護者の方ですか?あまり見ない顔なもので。私2年の〇〇と言います」と私に話しかけてきました。

私は超不機嫌な態度で返事したので、すぐにどこか行きました。豚女夫にしたら「なんだこの態度は!非常識すぎるだろ!」と思ったかもしれません。初対面にしては考えられないくらい失礼な態度を取ったので、これから豚女夫から話かけてくることはないでしょう。豚女夫も否定発言が酷かったから話すらしたくなかったのです。

 

でも、私は拗ねた態度を取るのではなく、冷静に思ったことを直接伝えればよかったとも思います。

 

次、同じようなケースがあったら、さすがに言おうと思います。大人の対応しようかな。それとも、「いい加減にしろ!知覚過敏歯肉炎歯槽膿漏高脂血症高血圧中性脂肪ぶよぶよ豚女!」と汚い悪口で罵倒するのも面白いかな(でもその場合はかまないで言えるかが心配。そしてこの悪口を覚えないといけないです)。

 

こうして悪口を書いていたら、だんだん楽しくなって溜飲が下がってきました。

同時に、保護者とのつながりを築こうと思ってた気持ちもどうでもよくなってしまいました。