息子の恩人の講演


友だち追加

こちらから塾の公式ラインに登録していただけます。

塾への連絡手段としてご利用ください。

体験授業の希望される方もこちらから連絡可能です。

 

※体験授業や保護者面談は基本的に指名があった場合のみ、眞田が担当します


 

新しいブログをつくりました。

 

From:眞田

 

先日、私が所属している田原青年会議所で、合同会社Absolute代表の中野直子さんの講演がありました。

 

中野さんはマーケティングのプロであり、もしかしたら、マーケターとして現在日本で一番有名かもしれない森岡毅さんとチームを組んでUSJ改革してきた方です。

 

マーケティングは私の興味がある領域ですが、それ以上に、今年、田原東部中学でキャリア教育をしてくださった方だと知って、この講演には絶対参加しなければ、と思ったのでした。

 

というのも、中野さんの講演を聞いて、息子は勉強をするようになったのです(過去記事「それならいきます」)。これまでゲームばかりで、テスト週間中も、この塾の先生に「この塾の中で一番勉強していない」と呆られる始末。そんな息子が、中野さんみたいになりたい、レベルの高い高校にいきたい、と勉強し始めたのです。

 

今はもう当初の熱量で勉強はできていないですが、でもそういうものなので、仕方ありません。「なんて素敵な方なの!私だけの王子様!」と思って結婚しても、当初の新鮮な気持ちでときめきを持ち続けることはできません。それと一緒です 笑。惰性で勉強してくれたらいいのです 笑。

 

 

中野さんは、ご自身の存在がきっかけとなって、一人の人間の人生が変わったことを知りません。だから、伝えなければ。あなたのおかげで大きく変わった人がいます、ありがとうございます。と伝えなければと思いました。

 

 

中野さんが会場から退出したのを見て、私はすぐに後を追いました。「今日は中野さんにどうしても感謝を伝えたくてきました。中野さんのおかげで息子が変わりました。ありがとうございます」とキャリア教育後の息子の変化についてお伝えしました。

「これはうれしい。涙が出そう。この話を聞けただけで10年は頑張れる」とおっしゃっていただけました。

 

私も教育の仕事をしているから、この気持ちはとてもわかります(だからこそ、絶対にお伝えしたかった)。自分が誰かのためになっている、というのは何ものにもかえがたい喜びです。これは教育の仕事に限らないですね。すべてのことにいえます。誰かの役に立ちたい、というのは人間の本質的な欲求であると思います。

 

 

 

感謝をお伝えすることが一番の目的で、肝心の講演は途中参加でしたので、何が何やらって感じで終わってしまったのですが、さすがマーケティングのプロ、人の心を動かすプロ、と思ったのが、これです。

 

この動画を紹介してくださいました。

 

この動画を見る場合は注意してください。100%、涙が出てきます。私は、やばい泣きそう、と思って途中で見るのをやめました。これは涙なしには見られません。

 

どうやって、人の心を動かして、行動させるのか、ここを考え戦略を練るのがマーケターです。